SDGs

  • HOME
  • SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGsは Sustainable Development Goals の略で「持続可能な開発目標」という意味です。
2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択され、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた国際目標です。
2030年までに「誰ひとり取り残さない」社会の実現を目指し、17のゴールと169のターゲットから構成されています。
持続可能な開発目標にはそれぞれ相互関係があります。
また、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、私たちが直面する世界的な課題が含まれています。

私たちのSDGsへの取り組み

医療・健康についての取り組みを通じて、SDGsを積極的に掲げ健康だけでなく環境や教育などへの取り組みを積極的に行っております。

1. 貧困をなくそう

  • 様々な世代間のあらゆる形態の貧困を解消する。
    ・生活が困窮している方への食育指導、生活習慣改善の実施。
    食育指導を通じて子供達や若年層の心身ともへの健康問題を解消し、あらゆる世代の生活習慣をアドバイス改善することによって波動を整え、健全な社会活動を行えるようサポートします。

3. すべての人に健康と福祉を

  • 当法人では「全身歯科」というコンセプトのもと、医科を併設し口腔内から全身を診る、また全身から口腔内を診るという基本アプローチを行っております。
    ごく当たり前のことですが、口腔内だけを補修しても全身のバランスが崩れていくばかりです。また、対処療法では根本的な改善には至りません。
    私たちは病の根本的な部分を知り、根本的な体質改善を提案することで「病気にならない健康的な生活習慣」のお手伝いをすることにより、健康福祉と医療費の削減に貢献しています。

4. 質の高い教育をみんなに

  • 私たちの考える「質の高い教育」とは「物事の本質を知る」、「歴史観に紐づいた事実と成り立ちを知る」ということです。患者様には医療制度の成り立ちと事実を理解してもらうことで「質の高い生涯と健康を提供」し、また当法人のスタッフには「あらゆる物事の本質を伝え、解決策を自分自身で導き出す」生き方教育を実践しております。

5. ジェンダー平等を実現しよう

  • 私たちは法人設立後、一環して社会におけるジェンダー格差をなくす取り組み行ってまいりました。
    経済的に充分に独立することによる支配されない社会活動の提供
    家庭生活の充実を図るための勤務時間、勤務日数の超短縮の実施
    など様々な取り組みを行っています。
    また、幸福な人生を送る上で1番大切な「自己肯定感」「自己実現」「歴史観に紐づいた哲学感」を教育の柱とし、「自分自身で考え、未来を創ることができる人」を育んでおります。

7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに

  • 私たちが運営するクリニックは開設当初より院内を循環する全ての水を、ポセイドンシステムを導入しクリーンで環境にも優しい循環システムを採用しております。
    歯科ユニット給水管内の微生物汚染の原因として、給水停止時に管内に滞留している水道水中の遊離残留塩素濃度が時間の経過とともに低下することで繁殖しやすくなると考えられております。
    歯科ユニット給水に中性電解水「ポセイドン」を利用することにより人にも機器にもやさしい衛生的な給水系の環境整備を導入しております。
    本装置は中性電解水生成装置「ポセイドン」は、設置するだけで自動的に遊離残留塩素濃度を補正することができるので、歯科ユニット給水の清浄化が期待できます。尚、ユニット内部を痛めないことから長年ご利用いただけ、ユニットのチューブの交換も必要ありません。
    また、無添加の電気分解ですので遊離残留塩素濃度の過度な上昇も抑えることが実現できており、試験機関にて飲用適を証明しております。

8. 働きがいも経済成長も

  • 私たちは法人設立以来、一環して「仕事の喜びとは量より質」「生産性とは量より質」、そして「質=人の能力」「人の能力=知見、哲学感」「知見、哲学感=得る情報の質」というサイクルを、スタッフ達へ定着させてきました。
    また、「働きがい=質の高い顧客とのつながり」「経済成長=質の高い情報提供力と深い知見」という循環をバージョンアップさせ続けています。

人や国の不平等をなくそう

我々は開設当初より国籍を問わず、患者様を受け入れております。また、多様な言語にも対応できるようマルチリンガルを常駐させております。様々な人々が安心してトリートントを受けることができるよう地球規模の歴史観に関して精通するものを配置しております。
コモデティーに関しては全ての者が同様なチャレンジングステージに揚がることができるよう配慮しており、個々の能力を平等に評価することになっております。

16. 平和と公正をすべての人に

  • 持続可能な社会活動のための平和で包摂的な組織と未来を促進し、全ての人々に医療への公平なアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な医療
    制度を構築する

17. パートナーシップで目標を達成しよう

  • 我々は一環して、歯科医科の連携のもと先端のリソースと技術革新に取り組んできました。また、これからの未来も可能な革新に向けて根本的療法に則った歯科医師と医師との連携を強化し続けていきます。